皇室御用達職人・盒仰焼擦作るスリッパ・ルームシューズ SANAX(サナックス)公式オンラインショップ


SANAXサナックスについて
SANAXについて




SANAXの理念
「完成度のあるモノを作る」
私たちがモノづくりにおいて、もっとも大事にしていることは何年たっても変わりません。
日々、使ってくださる方が満足して履き続けることができる製品を作ることです。
そして、「室内履きに革命を起こしたい」この思いを持ち続け、様々取り組んでしばらくになります。
私たちは「靴屋」です。靴を極めたからこそ、深みのある足入れや身体になじむ自然な履き心地、必要となる機能がかたちとなります。 靴に求める快適な履き心地や安心感、安定感、素材の美しさなどの繊細な感覚を、素材、デザイン、構造、製法、仕上げに至るまで表現していくことにより“究極のスリッパ”が生まれ、他にはない唯一無二の履きモノを作り続けることが出来るのではないかと思います。
はじまりは1978年。
  • サナックスは、靴職人・盒仰焼擦1978年に立ち上げた工房です。履き物の専門工房として、靴、室内履きと、数多くの製品を生み出してきました。
    スリッパ作りの始まりは1978年、クリスチャン・ディオールからの依頼でした。ブランドイメージにふさわしいエレガントでおしゃれなスリッパを、というものです。完成したスリッパは、当時の高級靴を上回る高級品でありながら大好評をいただきました。そして、その後も欧米ハイブランドからの依頼が次々と舞い込み、各ブランドごとのデザインを作り続けました。その時のモノづくりがきっかけとなり、これまでの常識を超える「最高級スリッパ」作りが始まりました。
    現在、サナックスの工房では室内履きを中心に、すべて手作業で1点1点製品作りを行っています。
  • SANAXサナックスについて

最高級スリッパ
  • サナックスが作るスリッパは、靴と同様に木型から製作し、足入れの具合、中敷き面の角度、ホールド感、革の伸縮性など、すべてにおいて最もいい状態で履き続けていただけるよう設計しています。
    そして、使用する革においては3種類の異なる革を用いることで、抜群の履き心地が完成します。

    室内履きは、靴を履く時よりも繊細な感覚が伝わるものです。履き込むほどに足と一体化するような快適さが、日々の生活を豊かなものにしてくれるのだと思います。

    「一生もの」とも言える履き物として、ひとつひとつを最高級品として仕上げています。
  • SANAXサナックスについて

室内履きに革命を。
  • 代表作NO.4501は作り始めて35年以上となります。 作り続ける中で幾度かのマイナーチェンジを繰り返し今に至り、スリッパは理想の形に近づいてきたように思います。 そして、次に取り組んだものはこれまでにない新しい「ルームシューズ」です。

    「より快適に」「足と一体化するような履き心地」
    「長時間履いても疲れない」「足入れ時の安心感やフィット感」
    など、当たり前の事のようですが、実はこれまでにない新しいルームシューズでもあります。そして、試作品を毎日履き続け、試行錯誤を重ね、ようやく理想の形となったものがmoco Hands Free®と名付けた新しい室内履きです。 手を使うことなく足をすぽっと入れるだけで誰でも履くことが出来ます。様々な方の必要性に応じた便利な履き物となるよう、日々研究を続けています。
  • SANAXサナックスについて

  • 職人のこだわり
    代表作・スリッパmoco NO.4501は「最高級のスリッパを作る」ことを掲げ、
    長年に渡り研究を重ねてきました。
    最高級のスリッパとはすべてにおいて妥協のない、これまでの常識を超えるスリッパです。
    スリッパに適した最高の素材、スリッパとして最高の履き心地、
    靴のような美しいフォルムと確かな造り、
    上質な靴を履いた時に感じる豊かな気分に至るまで、
    最上級の靴作りにおける大切な要素を「スリッパ」という履き物に表現した
    靴屋だからこそできる品質とデザインであること。
    大切にしている”こだわり”です。
  • SANAXサナックスのこだわり
    スリッパmoco NO.4501(手前からレッド、ブラック、グレー、ネイビー)
  • SANAXサナックスのこだわり
    president's footgear® NO.9651(クロコダイル)

  • 木型から作る。
    スリッパ作りに欠かせないものが「木型」です。
    靴を作ることと同じように、人体にきちんと合うものを作るためには不可欠です。ただ、靴と同じようでは上手くいきません。室内で履くものだからこそ大事な細かな部分の作り込みです。

    踵面の形状や甲を包むカーブなど、足の特性を十分に反映させたデザインは、足を入れた瞬間、吸い付くように足になじむ心地良さとして実感していただけることと思います。
    その履き心地の良さは、ここから作られていきます。
  • SANAXサナックスのこだわり

  • 最適な革
    スリッパに使用している革は、鞣しから染色まで何度も試作を重ねたスリッパに最適な理想の革です。 外側は美しい牛革を使い、内側は柔らかい馬革、底面は滑りにくく、スリッパ特有の「パタパタ音」が鳴りにくい起毛豚革を採用しました。
    牛革は靴やバッグと同じように、使い込むほどに味わいが増し、時にクリームなどで手入れをすることで、よりツヤも出て良い風合いとなります。 柔らかい馬革は、足先と足裏が触れる部分に使用しています。馬革であることにより軽やかな快適な履き心地が生まれます。

  • SANAXサナックスのこだわり
  • 底面に使う豚革は、一般の牛革に比べ2.5倍程の強度を有すると言われる特別仕様です。室内履きに適した優れた素材です。 フローリングの床面でも滑りにくく、スリッパ特有のパタパタ音は気になりません。
    そして、防水効果のある特殊加工を施すことで、ふだんのお手入れは硬く絞った布巾で水拭きが可能です。この水拭きをすることにより起毛部分は少しづつ硬さをもち、ホコリやゴミの付着を防ぎます。
    ※本革のため、洗剤の原液が付着する場でのご使用は十分にお気を付けください。革が縮みスリッパの変形を誘発します。

  • 人間工学に基づく構造
    スリッパに足を入れた瞬間、吸い付くようなフィット感を感じていただけると思います。足裏は”土踏まず”があるように、くぼみや左右の傾きがあります。そのため、中底の形状はできるだけその構造になじむよう、わずかに足の内側が高くなっています。また、中足骨(湧泉)が触れる部分にはソフトパットを施すことで足の疲れを軽減させる構造となっています。

    革はだんだんと使う人の足になじんでいきます。履くことで、その方の足に合うスリッパへと変化していくことも、良さの一つだと思います。

  • タイニング製法
    革の特性を生かした丈夫で美しいスリッパに仕上げるため、表に縫い目を出さないタイニング製法により製作しています。
    縫って、革を蒸し、裏返すという行程を4回行い、片足ずつをすべて手作業で行います。圧倒的な手間と時間をかけることにより、丈夫で美しい、縫い目が足に負担をかけることのないスリッパに仕上がります。
    1点1点、すべて手作業で行うからこそ、味わい深い究極のスリッパとなります。
  • SANAXサナックスのこだわり